読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AUBE 魂の導きと夜明け

魂や精神世界、波動といった見えない世界へようこそ。

君の名はと、夫との出会い

昨日、君の名はを見に行きました。

 

魂に、

見に行けと言われ

やっと見に行きました。

 

昨日は、うお座の満月。

浄化が激しそうだ・・・

パートナーの意味もあるなんて

占星術家のブログの記事を読んでいたのですが。

 

見終わってから、泣いて、

映画館出ても泣いてました。

 

で、夫との出会いに

共通点が多いことに

あとから気が付いたんです。

 

私と夫の出会いは今から20年前。

 

わたし、19歳のころにさかのぼります。

 

わたしは、田舎の信州松本の学生。

夫は、都会の名古屋の学生でした。

 

どうやってこの二人が出会ったのか?

 

この頃って、ちょうど、携帯電話が始まったときでした。

大学で、パソコンが設置され、

メールを使えるようになっていたころでした。

 

通っていた学校でまだ、パソコンもメールも使えなかったから、

学校に直接訴えて、メールを使えるようにするほど

当時から衝動的で、行動的な私でした。

パソコンルームができて、メールができるようになった。

そんな頃でした。

 

夫は、名古屋にいて、

私は、信州松本にいて、

どうして、出会ったのか。

 

夫の友達が、信州の大学に通っていたんです。

夫は名古屋からわざわざ足を運んで

夫の友達に遊びにきてました。

夫の友達が所属するサークルまで顔も出して

遊んでました。

 

サークルに私もいたんです。

でも、全然話したこともないし、

接点がなかった。

 

サークルのクリスマスパーティで

初めて席が近くなり

初めてなのに意気投合して、

ずっと二人でしゃべり続けてました。

とにかく話が合うんです。

 

松本のお店で一次会が終わり、

そのあと、みんなで車に乗って移動。

 

諏訪湖が一望できる公園の山に登って

諏訪湖を眺めながら

ずっと星の話を夫としていました。

そのあと、自分から切り開いたメールで

夫とメールでのやりとりがスタートするのです。

 

メールがなかったら、

お付き合いは始まらなかったのでした。

 

そう、それから、

君の名はと共通点が多すぎる。

 

都会と、田舎の距離感。

諏訪湖は、映画のなかでモデルになった湖です。
しかも山の上でその湖を見ながら
星の話をしている。


当時のことを鮮明に思い出したんです。

映画を見て。

家族で見たから、夫も思い出したんです。

自分の原点を過去を思い出しました。

 

あれがターニングポイントでした。

その後、7年も遠距離恋愛をして結婚しました。

 


そのあとも不思議なことがたくさんあって

この夫じゃなかったら

私を理解できなかったし

一緒に行動できなかっただろうなということが

山ほど出てきます。

 

今思うと、衝動的に

メールを学校に頼みに行ったのも、

魂から行動させられていたのかもしれない。

 

すべてが、仕組まれていたような感じがしています。

 

そして、このルートを通らなかったら

わたしの存在は確実になかったと感じています。

 

だから、夢を見ると、わたしは、死んでいる感じがするし

死ねといわれる。

 

次元の低い私は、すでにみんな自殺していて、

次元の上がった私を、遠い目で見ている。

 

いつも、セラピーをすると

死んでいる私が何度も何度も出てきました。

 

同じ時間の中に、いくつもの私が曼荼羅のようにいて、

その曼荼羅の万華鏡の好きな模様を

わたしは選んでみている

そうやって私の人生を選んだんです。

 

他はすべてわたしは死んでいる。

もしくは、わたしが死んだように生きているだけです。

自分の人生を生きてはいないんです。

 

生きている私が、ただしあわせに生きるために

道を選択し続けたように感じています。

自分を生きるために選び続けたんです。

 

たぶん、311も必須の出来事で

すべては、決まっていた流れだったのです。

 

でなければ、魂にも出会ってなかったんでしょう。

 

夫は命の恩人だったんです。

 

そう思うと、私には、本当に

感謝が足りないですね。

 

わたし、来年には40歳になります。

夫と出会って、
夫と過ごした時間が人生の半分以上になります。

 

たぶん、もういいことしかないと思う。

楽しくてしあわせな時間しかないような気がしています。

 

夫婦が仲良くて

自分らしく生きることができて

家族が円満で。

 

このしあわせを、みんなに広げたい。

みんなもしあわせになってほしい。

そう心から願っています。

 

魂の仲人になりそうです。