AUBE 魂の導きと夜明け

魂や精神世界、波動といった見えない世界へようこそ。

この世はホログラムにすぎない。

昨日わかった事なのですが
私の存在は、ホログラムでした。

魂、身体、思考とあるのですが
今の自分が自分であるためのものが
核。
で、核を取り出して見たところ
ホログラムだったのです。

なんで私は、こんなに
原発や核が気になるのか
原発や核を通して
自分の中の何を見せられているのかを
自分に聞きました。



この宇宙は、パソコンのデータのようなもので
できていて
私達は、ホログラムというデータそのものなのです。

そのデータにバグがあるのが、
カルマやトラウマと言われるもので、
根源癒やしで、
そのバグを書き換える

すると、もう
そのバグは起きなくなり
カルマやトラウマが解消されるのです。

バグがあるから
場所も人も変えても
似たような悩みで困るだけなのです
あ、バグがあるんだ!
で、潜在意識を書き換えておしまい。


般若心経でも、
この世は幻だと。

それをまさに実感して、
仏教って実は
この世の本当の姿や仕組みを
ずーっと伝え続けているだけ。
すでに、昔の人はわかっていて
それを伝えているが
実際に体験できなくなっているのが
今の仏教なのかも。

苦しみも悲しみもみんな
自分が作り出しているもので
本当は無い。

データの中に
苦しみやかなしみをプログラムしてただけで
そのデータを気がついてしまうと、
苦しみも悲しみも終わってしまい
幻、つまりは外に見えている世界が
別世界に勝手に変わるだけ。


それが体験できるように
仕組みができたから
すごいなと。

今の私は、
そのくらい
怖さや怒り、悲しみ、苦しみがなく
穏やかに落ち着いていて
今ただここに自分があるにすぎない。

この数年間は
自分の潜在意識と向き合って
ずーっと
たくさんのバグを書き換えてきたからだ。


しかも、自分の存在すら本当はなくて
ただのホログラムだった。

見たいようにこの世の幻を
見ているだけ。

このことを体験できる人を
増やさないといけないみたいで
そのための学校を作る必要があるみたい。

幼稚園のころ、お寺の幼稚園だったので、
般若心経を覚えたのだけど、
すでに答えを言ってたんじゃないか!と。

はー、ますます、宇宙は、
パソコンのデータみたいだなと感じました。

もしかしたら、宇宙というゲームのような
空間で遊んでいるだけなのかもしれません。

思考の思い込みが現実になる

思考も実は、魂みたいに話します。

 

思考は思考で、思い込みがあります。

 

それが、そのまま外に投影されて、

現実になっているだけなのです。

 

魂は、宇宙とつながっています。

思考が思い込んだことが

魂につながって、

宇宙につながり、願いが叶う

 

そして、思考を通して、

外に映写機として映りだす

 

それが、今の世の中みたいです。

 

そのため、思考がどんな思い込みをしているのか?が

ポイントです。

そこに気づくためには、思考と会話する必要があります。

 

私の思考は、

ずーっと、

死にたい、

死ねばいい、

消えてなくなればいい

バカ

アホ

そんなことばかり言ってました。

 

思考の話を聞いているだけできついです。

 

 

思考がそんな思い込みがあるせいか、

自殺した人、死ぬ人が周りに現れます

 

なので、思考をみることにしました。

なんと、思考の中に、バイオハザードサイレントヒルのような

ゲームソフトが入ってました

だから、ホラーゲームのような世界を見せられていただけでした

しいていうなら、今の人工知能の中を見せられているようでした

何とも言えない気味の悪さというか。

そういう感覚があった。

 

私の思考は、

ホラーゲームのソフト見てただけだ・・・

 

なので、弥勒の世というソフトに

宇宙にお願いして入れ替えてもらいました。

 

弥勒の世は、なんだか急に降りてきたので

それに変えるといいのかなと。

 

これで、自分が見る現実は

穏やかに生きる

弥勒の世という世界になっただけです。

 

弥勒の世というソフトに変えてから

まったく思考から

死にたい、死ねなど

言わなくなりました。

 

なんだ、私はホラーゲームのソフトを

思考に入れて遊んでいただけのようです。

 

この仕組みは、引き寄せの法則、ザシークレットとか

言われているものなのかも。

 

自分の生きている世界は

すべて自分が見ているだけなんです。

 

量子力学でも意識で変わると言ってましたが

本当にそうなんでしょう。

 

 

 

 

 

前世、得意だったことを生かしていく

前世の才能はそのまま現世に

引き継がれる感じがしています。

 

ちなみに、わたしは

学校の先生が多く

人に教えることが得意です。

人がなにがわからないのかがなぜだか

瞬時にわかります。

これは天性のものだと感じています。

なので、人がどんどん成長します。

うれしい限りです。

 

私の夫は、合唱が好きです。

去年は、メサイヤを歌い

今年は、第9と、レクイエムを歌うと

合唱団に入ってるんるん毎週練習しています。

 

で、今日ふとわかってしまったのが

夫の前世

 

毎週教会に通う敬虔なクリスチャンで

毎週教会で歌っていた映像が

ばーーーっと浮かんできました。

 

なんと、だから毎週合唱を歌いに行くのか!!と。

腑に落ちました。

 

自分が得意なこと

なにげなくやってることって

実は前世と関連があるのかもしれません。

 

ワクワクしますね!!

 

 

 

流動体 アセンションの歌詞じゃないか!!と。

小沢健二の流動体が気になって仕方ないので、
あちこち情報を見たりしていた。


わかる人にはわかる

あれはアセンションの歌詞じゃないか!!と。
最近、やたらチャネリングして
アセンションの意味や
目的を出しているけど
小沢健二はそれがわかっていて
あえてこのタイミングで
あの歌詞を出したのか!
とびっくりする

君の名はで
平行世界の概念も
一般的になった

全人類の次元が変わっているさなかで
あの歌詞がわかる人にはわかるように
出している

神は自分の中にいること
地球が宇宙の仲間入りすること
海は潜在意識の海だろうと
などなど
ずっと感じてきたことが
そのまま伝えられていた

小沢健二はついいつかの私みたいに
メンタルにきてしまって
社会との違和感で
30代を過ぎて行ったのかと


今の私も、紆余曲折あり
次元の違う自分を統合できたから
普通に働けるようになったのだけど
その今のタイミングで
小沢健二から
一般にも聴ける歌が出てきたのが
嬉しい

宇宙は全人類の次元を上げて欲しいし
そのためならなんでも叶えようと
するんだろう

面白いなあ!

波動を上げる
次元を上げてアセンションする
そういう概念が
アンダーグラウンドから
大衆化されると感じるのだ!

ワクワクする!
もっと自由でありたいな。

真意と言葉のずれ

私の実家の地域は、口が悪く、言葉足らずで

単語ではっきり話します

なので、

はたから見ると喧嘩をしているような感じになります

 

しかも、真意が伝わればいいですが

言葉だけをとられると勘違いされて

嫌われることも多々です

 

真意が伝わる相手であれば上手く行くのですが

もしかしたらテレパシーで伝えていることも多いのかもしれません

 

 

例えば、

下呂温泉で夫が出張に行っていたのですが

下呂温泉に毎日何回も入っていたようで

なんとなく下呂温泉の香りがしてくるのです。

それを伝えたくて口がしゃべった言葉が

「げろくさいねー」

でした(爆)

下呂温泉の香りがするね」

という意味でいったはずなのに

私が口から放った言葉は、「げろ臭い」

だんなは、わたしのそういう本音や真意が伝わる人なので

爆笑してげろくさいなんてひどいわーと笑っていましたが

これ実際、他人でやってしまうので

言葉しかキャッチできない人とコミュニケーションをとると

相手が怒り始めます・・・

だんなとは、テレパシーが通じる相手だから結婚できたのか??

 

 

自分のコミュニケーションにもパターンが見えてきて

言葉を言いながら、自分の頭でビジョンを相手に送っているかもしれない

事も判明してきました。

 

テレパシーが通じる相手ならいいのですが

言葉だけしかとらえない相手だと

その言葉だけで勘違いして

相手の理解だけでとらえられて勘違いされる

 

このずれをなんとか解消できないかなあ。

 

私が本音を話したら

えええ、傷ついていると思わなかったとか

そんな風に思ってるとは知らなかったとか

言われたことがあって

びっくりしたことがあったかも・・・

 

私が私の本音や本心に気が付いてなくて

それを具体的に言葉で言い表せなくて

勘違いされて嫌われているというパターンも

なんとか外せたらいいなあと思う

 

 

 

魂とお金の循環

自己犠牲、我慢はやめる
感情を感じる。

好きなものは好き、嫌いなものは嫌いでいい。

助けてほしいときは助けて、

幸せな時は幸せ。


かわいそうな自分を捨てる。
自分を生きる。自分を充実させる。

覚醒は、自分を生きる覚悟。

自分の存在価値がお金の価値である。

 

自分の存在を消していたころは、

お金が手元にあってもあっというまに消えた。

 

最近、自分の存在を意識するようになって
自分を存在し続けるようにしている。

結果、

お金が手元に残るようになった。

 

自己存在価値=お金だった。

自分のエネルギー=お金だったのだ。

 

自分の本音、本望をみて、魂が求めているものを見続ける

自分にうそをつかない。

自分の違和感を素直に感じて、本音を見続ける。

 

 

誰かに任せると雇用を生み、
自分は自分のやりたいことに集中できる。

 

誰かに認めてもらうために立派にならなくていい。
誰かに認めてもらおうとする行為はお金は嫌う。

 

自分が自分であればいい。

自分というエネルギーで人もお金も情報も集まるだけ。

 

お金と向き合え、お金と向き合えとさんざん言われていたけど
結局、お金じゃなくて、自分と向き合えということだったのだ。

 

続く・・・