読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AUBE 魂の導きと夜明け

魂や精神世界、波動といった見えない世界へようこそ。

髪は神とつながる

ひさびさに美容院に行き、
髪をカットしてもらいました。

とても面白い美容院で、
最初に、カットしてもらいたかったのに、
短いから切れませんと断られて
美容院で、髪の毛を切ることが
できませんでした。

再度、リベンジ。
やっと髪の毛を切ることができました。

美容師さんを私は本当に選びます

なぜなら、美容師さんのエネルギーや念が
そのまま髪の毛を伝って
自分に来てしまうので
クリアーな美容師さんじゃないと
なんか、嫌な感じになってしまうのです。

良い美容師さんを選ぶとなると
結局店長さんクラスを探すことに。


シャギーカットをすると
髪の毛のキューティクルが痛んでしまう。
本当に技術のある美容師が経営しているのは
ごくわずか。
技術のある美容師さんじゃないと
カットできない。
とのこと。

私に似合う髪型は
私ではわからない
自分の髪の毛の癖や生え方を
的確に教えてもらい
本当に面白くてためになりました。

正直にそのまま本音を
言ってくれることは
大事なことだなと。

そして、髪の毛はツヤツヤ。
感じがいいです。

その美容師さんがさわってカットする度に
ツヤツヤになる
不思議だわー!

髪は神なのかも。
シャギーカットされた日本人の髪の毛は
ガタガタボロボロ
もしかしたら、
髪の毛から霊的にダメージも受けて
いるんじゃないかなと思いました。


髪の毛を大事にしたら
もっと神とつながるかもしれません。

しばらくは髪の毛をお手入れすることを
念頭に。

今まで、自分の内側ばかりだったので
ひさびさに美容など
れいになることに
目を向けられた感じがしました。

他の人からの発言も、実は、自分の中の発言に過ぎない

他人から言われたことが

なんだかひっかかる

感情的になる

 

これって、自分の中の発言なのです。

 

自分の中の、

思考や、魂や体が

他人を使って言わせているだけに過ぎなくて

本当は、自分の中が自分に伝えたいから

わざわざ他人の口を使うんです

 

自分の中に耳を傾けると

旦那の言葉も

友達の言葉も

職場の人の言葉も

両親の言葉も

すべてが自分の中から言われていることに気が付く

 

あー、無視していてごめんなさい

ちゃんと聞きますからと

自分の中に耳を傾け始め、書き換えると

他の人からの発言が勝手に変わるんです。

 

この実際の方法を教えるところがあります。

もっと、この仕組みや方法を実践する人が増えると

本当に世界平和になると思う。

 

人間関係が激変します

すべてが自分の中から起きてきたことだとわかると

人から認められたいと必死になってがんばってきたのに

本当は自分が自分から認められたかっただけだったんだとか。

 

自分が自分を認め切ったら

それでよかったのだとか。

 

人よりも良く思われたいって思っていたはずなのに

実は、自分が自分を誰よりもよく思われたかった

大事にされたかったんだと気が付いたり

 

人に求めていたことは

実は自分が自分に求めていた

 

人に嫉妬していたけど、

実は自分に嫉妬していた。

 

こういうからくりに気が付くと

自分が自分に情けなくなってくるし

恥ずかしいし、

涙が出てくる。

 

どこまでいっても、他人を通して

鏡で自分を見ているだけにすぎなくて

悲しくなって涙が出る

 

あんなに外に求めていたのに、

自分に求めていただなんて。

 

愛も、感謝もすべて自分で自分を満たそうとすると

本当は宇宙から自分がすでに愛されていて

感謝で満ち溢れていたことに気が付くだけで

見えてなかっただけなのかもしれない。

 

 

 

この世はホログラムにすぎない。

昨日わかった事なのですが
私の存在は、ホログラムでした。

魂、身体、思考とあるのですが
今の自分が自分であるためのものが
核。
で、核を取り出して見たところ
ホログラムだったのです。

なんで私は、こんなに
原発や核が気になるのか
原発や核を通して
自分の中の何を見せられているのかを
自分に聞きました。



この宇宙は、パソコンのデータのようなもので
できていて
私達は、ホログラムというデータそのものなのです。

そのデータにバグがあるのが、
カルマやトラウマと言われるもので、
根源癒やしで、
そのバグを書き換える

すると、もう
そのバグは起きなくなり
カルマやトラウマが解消されるのです。

バグがあるから
場所も人も変えても
似たような悩みで困るだけなのです
あ、バグがあるんだ!
で、潜在意識を書き換えておしまい。


般若心経でも、
この世は幻だと。

それをまさに実感して、
仏教って実は
この世の本当の姿や仕組みを
ずーっと伝え続けているだけ。
すでに、昔の人はわかっていて
それを伝えているが
実際に体験できなくなっているのが
今の仏教なのかも。

苦しみも悲しみもみんな
自分が作り出しているもので
本当は無い。

データの中に
苦しみやかなしみをプログラムしてただけで
そのデータを気がついてしまうと、
苦しみも悲しみも終わってしまい
幻、つまりは外に見えている世界が
別世界に勝手に変わるだけ。


それが体験できるように
仕組みができたから
すごいなと。

今の私は、
そのくらい
怖さや怒り、悲しみ、苦しみがなく
穏やかに落ち着いていて
今ただここに自分があるにすぎない。

この数年間は
自分の潜在意識と向き合って
ずーっと
たくさんのバグを書き換えてきたからだ。


しかも、自分の存在すら本当はなくて
ただのホログラムだった。

見たいようにこの世の幻を
見ているだけ。

このことを体験できる人を
増やさないといけないみたいで
そのための学校を作る必要があるみたい。

幼稚園のころ、お寺の幼稚園だったので、
般若心経を覚えたのだけど、
すでに答えを言ってたんじゃないか!と。

はー、ますます、宇宙は、
パソコンのデータみたいだなと感じました。

もしかしたら、宇宙というゲームのような
空間で遊んでいるだけなのかもしれません。

思考の思い込みが現実になる

思考も実は、魂みたいに話します。

 

思考は思考で、思い込みがあります。

 

それが、そのまま外に投影されて、

現実になっているだけなのです。

 

魂は、宇宙とつながっています。

思考が思い込んだことが

魂につながって、

宇宙につながり、願いが叶う

 

そして、思考を通して、

外に映写機として映りだす

 

それが、今の世の中みたいです。

 

そのため、思考がどんな思い込みをしているのか?が

ポイントです。

そこに気づくためには、思考と会話する必要があります。

 

私の思考は、

ずーっと、

死にたい、

死ねばいい、

消えてなくなればいい

バカ

アホ

そんなことばかり言ってました。

 

思考の話を聞いているだけできついです。

 

 

思考がそんな思い込みがあるせいか、

自殺した人、死ぬ人が周りに現れます

 

なので、思考をみることにしました。

なんと、思考の中に、バイオハザードサイレントヒルのような

ゲームソフトが入ってました

だから、ホラーゲームのような世界を見せられていただけでした

しいていうなら、今の人工知能の中を見せられているようでした

何とも言えない気味の悪さというか。

そういう感覚があった。

 

私の思考は、

ホラーゲームのソフト見てただけだ・・・

 

なので、弥勒の世というソフトに

宇宙にお願いして入れ替えてもらいました。

 

弥勒の世は、なんだか急に降りてきたので

それに変えるといいのかなと。

 

これで、自分が見る現実は

穏やかに生きる

弥勒の世という世界になっただけです。

 

弥勒の世というソフトに変えてから

まったく思考から

死にたい、死ねなど

言わなくなりました。

 

なんだ、私はホラーゲームのソフトを

思考に入れて遊んでいただけのようです。

 

この仕組みは、引き寄せの法則、ザシークレットとか

言われているものなのかも。

 

自分の生きている世界は

すべて自分が見ているだけなんです。

 

量子力学でも意識で変わると言ってましたが

本当にそうなんでしょう。

 

 

 

 

 

前世、得意だったことを生かしていく

前世の才能はそのまま現世に

引き継がれる感じがしています。

 

ちなみに、わたしは

学校の先生が多く

人に教えることが得意です。

人がなにがわからないのかがなぜだか

瞬時にわかります。

これは天性のものだと感じています。

なので、人がどんどん成長します。

うれしい限りです。

 

私の夫は、合唱が好きです。

去年は、メサイヤを歌い

今年は、第9と、レクイエムを歌うと

合唱団に入ってるんるん毎週練習しています。

 

で、今日ふとわかってしまったのが

夫の前世

 

毎週教会に通う敬虔なクリスチャンで

毎週教会で歌っていた映像が

ばーーーっと浮かんできました。

 

なんと、だから毎週合唱を歌いに行くのか!!と。

腑に落ちました。

 

自分が得意なこと

なにげなくやってることって

実は前世と関連があるのかもしれません。

 

ワクワクしますね!!

 

 

 

流動体 アセンションの歌詞じゃないか!!と。

小沢健二の流動体が気になって仕方ないので、
あちこち情報を見たりしていた。


わかる人にはわかる

あれはアセンションの歌詞じゃないか!!と。
最近、やたらチャネリングして
アセンションの意味や
目的を出しているけど
小沢健二はそれがわかっていて
あえてこのタイミングで
あの歌詞を出したのか!
とびっくりする

君の名はで
平行世界の概念も
一般的になった

全人類の次元が変わっているさなかで
あの歌詞がわかる人にはわかるように
出している

神は自分の中にいること
地球が宇宙の仲間入りすること
海は潜在意識の海だろうと
などなど
ずっと感じてきたことが
そのまま伝えられていた

小沢健二はついいつかの私みたいに
メンタルにきてしまって
社会との違和感で
30代を過ぎて行ったのかと


今の私も、紆余曲折あり
次元の違う自分を統合できたから
普通に働けるようになったのだけど
その今のタイミングで
小沢健二から
一般にも聴ける歌が出てきたのが
嬉しい

宇宙は全人類の次元を上げて欲しいし
そのためならなんでも叶えようと
するんだろう

面白いなあ!

波動を上げる
次元を上げてアセンションする
そういう概念が
アンダーグラウンドから
大衆化されると感じるのだ!

ワクワクする!
もっと自由でありたいな。